上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--(--:--)|スポンサー広告||TOP↑
クリスマスですねえ。
s-101210_145451.jpg

御堂筋のライトアップも始まりました。
s-101214_174745.jpg

年々豪華になってる気がします(横断歩道から撮ってると注意されます)。
s-101214_175032.jpg

イチョウの幹にライトを巻きつけてあるのでどうも杭が並んでるように見えてしまうのですが、
今年は一部の木の枝にもつけるようにしたみたいです。
s-101214_175104.jpg

心斎橋の大丸はいつもクリスマスぽい。
s-101207_180626.jpg

スポンサーサイト
2010.12.14(21:16)|その他のみなさんコメント(3)トラックバック(0)TOP↑
おりょうりすること たべること♪
s-100530018.jpg

ふたりもかくれています
s-100530019_20100530195336.jpg


あこがれのあのカステラ こんなに分厚いおひさまいろ
s-100530021.jpg


ペンネンネネムで食べれます。絵本もたっぷり。テンションあがりました。
2010.05.30(20:59)|その他のみなさんコメント(2)トラックバック(0)TOP↑
23日は大阪市自然史博物館でフジツボ漬けになってきました。
5人のフジツボ研究者が集まって講演するのです。濃かった。おもしろかったです。

着物姿の倉谷うららさん、ヘッドドレスももちろんフジツボです。
羽はダチョウ牧場で拾ってきたそうです。暗かったので手ぶれてしまいました。
s-100523003_editeds-.jpg

帯止めはアカフジツボ。
s-100523006s-.jpg

演者はこのサラサフジツボウをかぶります。美人は何でも似合うなあ。
s-100523014g.jpg


マイクにもフジツボ!カメノテのうろこ具合がすてきです。白いのはエボシガイ。
s-100523026s-.jpg

スタッフさんのフジツボウとフジT
s-100523028_editedgs-.jpg


うららさんのお話は「フジツボ 魅惑の足まねき」を読んでいただくとして、ぜんぜん知らなかったこと箇条書き

✓足のないふつうのフジツボ(無柄目むへいもく)は足のあるフジツボ(有柄目ゆうへいもく)にくらべて
品がないと有柄目研究者は主張していた。固着しているが交尾するので、卵が成熟すると周りの個体が
一斉に生殖器を伸ばすから

✓有柄目研究者は無柄目があまり好きではないらしい

✓有柄目の足部分はある程度やわらかいので無柄目より平和にぎっしり生えられる。隙間にムール貝が生えて暑さをしのいだりする。

✓カメノテの名は体をあらわしすぎ、だから人気がないんじゃないか

✓フジツボの8割は雌雄同体だが、異体もいる。メスの体にほぼ寄生するように生きている
すごく小さな矮雄(わいゆう)というオスがいて、フジツボの矮雄はダーウィンが発見した。

✓有柄目のある種の矮雄とメスの体長差は300倍、生物一の差かも。
この差をヒトに直すとふつうの女性の指先に3mmくらいのオスがいる感じ

✓矮雄がでるかどうかはその種が単独生活をしているかによる。集団だとふつうのオスに負けてしまう。メスが近くにいると矮雄に変化する。

✓矮雄についての演者(身長192cm)の夢は矮雄になること

✓フジツボの生息域は汚染具合よりも塩分濃度に左右されるが、大阪湾では当然タテジマフジツボが圧倒的

✓フジツボセメントが優秀すぎて船で本来の生息域から旅してしまい、外来種として世界中で
根付いている。これを予防するために条約を作ったりしているが、抜本的な解決策はまだない

✓無柄目のフジツボは干潮時にヒトの歯軋りみたいな音を立てる


フジツボほんとおもしろいです。6月には東京と和歌山でうららさんの講演がありますので
お近くの方はぜひどうぞ!

6月10日『フジツボ』~不思議の玉手箱~
19:00~20:30 渋谷区宇田川町モンベルクラブ渋谷店 5Fサロン

6月26日 ダーウィンが愛したフジツボ
講演会 9:30~10:30, 海での観察会 10:30~13:00
和歌山県西牟婁郡白浜町瀬戸 京都大学瀬戸臨海実験所

うららさんはさすがにファンが多くて休憩時間にはサイン待ちの列ができていました。
s-100523032s-.jpg
2010.05.26(20:15)|その他のみなさんコメント(2)トラックバック(0)TOP↑
水族館に行きました。
ぐりが寝てました。
s-100220013_edited.jpg

マンタに興味津々の子供
s-100220059_edited.jpg

ヒトに興味津々のアシカ
s-100220065_edited.jpg

魚を引き連れているジンベイザメ。もう一匹にはぜんぜんついていかないのです。
魚望があるのか、ご飯を食べこぼすのか。
s-100220090_edited.jpg

アカウミガメは四足をばたばたさせて泳ぐんですね。
s-100220120_edited.jpg

タカアシガニの口が怖かったです。もう一匹ギーガーのエイリアンが中にいるみたいに動くのです。
s-100220140_edited.jpg

水族館写真は難しいと聞いてはいたのですが、私にはどうにもなりませんでした。
フレンドリーな魚が多くてじろじろ見られたり楽しかったです。


しつこいフジツボ情報(最近この象形文字がうららさんと私の間で流行ってます)
中川翔子さんと山田五郎さんのラジオ番組の収録が行われ、しょこたんぶろぐに倉谷うららさんの
写真が載っています。お二人にフジツボアクセをプレゼントしたそうです。
しょこたん8倍が気に入ったみたいだお
ラジオの放送日がわかり次第お知らせします。
うわさのフジツボアクセ写真など、過去のフジツボ記事はこちらです。

http://moon.ap.teacup.com/ukurinpon/1882.html
http://moon.ap.teacup.com/ukurinpon/1891.html
http://kasenjikinohibi.blog32.fc2.com/
2010.02.21(20:53)|その他のみなさんコメント(1)トラックバック(0)TOP↑
フジツボ 魅惑の足まねきの著者うららさんが食用のミネフジツボを送ってくれました。
大きくて高さが3cmくらい。
s-090922001.jpg

食塩水に入れてみたら少し足まねきました。真ん中のくるんとしてるのが蔓脚(まんきゃく)で、
これをヒトの手のようにぐーぱーしてプランクトンを取り込んで食べます。ピントが合わない…
s-090922005.jpg
軟弱なエビみたいなのが逆立ちして富士山の中から足を出して食事してるような感じです。

せっかくなのでフジツボに興味を持ってくれたゆらさんねこははさんcoocooさん
をご招待しました。フジツボ撮影会中。
s-090922008.jpg

山盛りのフジツボがある食卓
s-090922011_edited.jpg
フジツボは貝のように見えますがエビやカニの仲間で、確かにそういう味がするんですよ。
卵も持っていてウニのようにとろんと濃厚でおいしかったです。黙々と食べました。
ゆで汁に野菜だけ入れた鍋も絶品でした。

おみやげ堪能しました
s-090922016.jpg

みなさんのおかげでおいしい思いをして幸せでした。ありがとうございました。

フジツボのお店 ほたて屋だいえい
ホタテもテケト史上最高に甘くておいしかったです。
うわさのフジツボアクセ写真など、過去のフジツボ記事はこちらです。


http://moon.ap.teacup.com/ukurinpon/

http://kasenjikinohibi.blog32.fc2.com/
2009.09.22(21:45)|その他のみなさんコメント(10)トラックバック(0)TOP↑
プロフィール

テケト

Author:テケト
うちのぐりぐら、たまに外ねこ外いぬたちの写真をアップしていきます。
ぐり:サバトラ、ちょい弱オヤジ、7.0kg
ぐら:キジトラ、一見小顔美少女、3.7kg
テケト:ヒト、親ばか

すべての写真および文章は著作権法によって保護されています。転載、転用を禁じます。
All rights reserved.

カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
新しい家族さがしてます
http://moon.ap.teacup.com/ukurinpon/1891.html


ライフボート友の会~手を伸ばせば救えるいのちがある~

http://plaza.rakuten.co.jp/nekomat/
おすすめ
友達の本 

フジツボ 魅惑の足まねき
http://www.iwanami.co.jp/moreinfo/0074990/top.html


はっちゃん&平太本
11月10日発売

s-hatchan-muteki.jpg

s-heita-bucha.jpg


ネコベッド そらまめ屋

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
このブログをリンクに追加する
ブログ内検索
クリックで募金
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。